【電子書籍配信のお知らせ】雨上がりにさす光(原題)


2022年9月29日(木)、当サイトや投稿サイトにて連載しておりました「雨上がりにさす光」がアマゾナイトノベルズ様より電子書籍として配信していただける運びとなりました。

書籍について

書籍化に際しまして、タイトルでお分かりいただけるかと思いますが、本編・後日談ともに大幅な加筆・修正をしております。
もちろんストーリーに変わりはありません。しかし!場面によってはまるごと修正して、まったくの別物になっているところも👀✨

Web版は、どちらかというとヒーロー(アユル)視点で物語が展開していきます。
ですが、書籍ではWeb版に書かれていないヒロイン(ラシュリル)の思いが作中随所にちりばめられていて、恋愛小説としての切なさ・甘さが比べ物にならないくらい格段にアップしております!

特に、プロポーズのシーンはWeb版の原型をとどめていない……(笑)
それくらい、リニューアルされています。
※ラシュリルと必死なアユルのやりとりが(*ノωノ)💞

後宮でのシーンひとつひとつの臨場感が増していて、手に汗握ること間違いなし!
水面下でうごめく陰謀と後宮での嫉妬――。
愛する人を守るために身を挺す冷徹なアユルと無欲で純粋なラシュリルのパワーアップした強い絆を、ぜひご堪能くださいませ。

アユルの母(シャロア)も回想の中ですごみを増してます(*ノωノ)
タナシアの嫉妬もWeb版より深くて……😊✨
後宮の雰囲気もぐっと、ぐっと!不穏に仕上がりました。私としては、たまりません😋

連載を追いかけてくださった方にも完結後にWeb版を読んでくださった方にも、そしてこれから読んでくださる方にも、ハラハラドキドキな展開を楽しんでいただける書籍に仕上がっています。
ぜひお手に取っていただけると嬉しいです✨

ひとつ、お詫びです。
22万文字をこえる長編なので、どうしても二冊になってしまいました。ごめん🙏(笑)

  • 完全版全2巻
    1. 【完全版1】「序章」~「第二章 第五話 人質と桂花の玉佩」までを収録
    2. 【完全版2】「第三章 第一話 王の帰還」~「後日談」までを収録
  • 分冊版全8巻
    分冊版の収録内容については、各サイトにてご確認くださいませ。

読者の皆様へ

この作品は、私が初めて書いた小説でした。そして、一度挫折して二年ほど執筆から離れた経験のある作品でもあります。
小説の書き方も分かっていない初心者が、いきなり性癖をぶっこみまくった長編を書く……。しかも、ほぼノープロット。頭の中にある展開と結末だけを頼りに、設計書なしで文章化しました。まったくもって無謀ですよね😂

  • 愛のある無理やり
  • ヒーローの苦しみ(苦境、不幸)
  • 無垢な寝取り(本人に寝取りの自覚なし)
  • ヒロイン以外との虚無なセッ……

私の大好きな四つの性癖がぜ~んぶ入っている小説が「雨上がりにさす光」なのです😋
私は多分、「雨上がりにさす光」以上の小説は書けない。自分でそう思っています。
それくらい好きが詰まってる(*ノωノ)

連載中を振り返ると、うん、楽しかったなぁ~!
連載を始めた時はホームページなんて持っていなかったので、ドキドキしながら投稿サイトで更新していました。

更新のたびにお気に入りやブックマーク、ポイントをいただいて。さらには感想やメッセージもいただきました。読んでくださっている方がいて、登場人物ひとりひとりに心を寄せてくださっている。そう実感して、ワクワクしながら執筆していました。

時に落ち込んだりもして、その度にいただいたメッセージを拝見して勇気をもらっていました。この物語の世界にどっぷりと浸って、アユルの横に座っているような気持ちで書くことができました。
本当に楽しかった。
純粋にモニターの向こうにいらっしゃるファン(とお呼びしてもいいですか?😍)の方々と一緒に楽しんでいる感覚で、心の底から創作を楽しんでいたのです💕

実は書籍化作業中、文字数も文字数だし文章も構成も未熟で、何度も心が折れかけまして😥
自分の文章が恥の刃となって、グッサグッサ肉に刺さりバキバキと骨をも砕くんですよ……(遠い目)
そんな時、私に力をくれたのは皆様のメッセージや連載中の思い出でした!
本当に本当に皆様の力は偉大です🙏💕
改めまして、心より感謝申し上げます!🙌

編集者様

アマゾナイトノベルズ様(公式Twitter
右も左も分からない私に、いつも親切で丁寧な対応をしてくださいました担当者様、校正に携わってくださった皆様、本当にありがとうございました。
的確なアドバイスとご指摘に時々気が遠くなりながらも(笑)、楽しく作業させていただきました。とても貴重で有意義な時間と経験でした。書籍という形でこの小説を残せましたこと、言葉にできないくらい幸せです😊✨
ありがとうございます!

絵師様

七夏先生(Twitter
私の想像をはるかにこえる素敵な絵に、初めて拝見した時は思わず涙が出てしまいました。
玉砂利や紅葉、建物など、細部まで物語の世界を美しく描いてくださいまして、ありがとうございます!
(表紙ではアユルとラシュリルの周りをカットしているので見えませんが、玉砂利がすごく綺麗なんですよ~。ざくざくと踏みしめる音が聞こえてきそうなくらい綺麗✨お見せできないのが残念です💦)
宝物がまたひとつ増えました🙌❤

最後に

なんだかんだ言っても、私は恋愛小説が大好きです。漫画も好き。
これがあるから今日を頑張れる✨
なので、界隈が衰退することなく盛り上がっていくこと、これこそが重要です。だって、生きる喜びが他のエンターテインメントに取って代わられたら悲しいですもん。

今回の書籍化が、その一助になれたなら嬉しいなぁと思います。
楽しいって思ってもらえたらそれが一番です。売れる売れないよりも、TLの書籍として誰かの喜びになれたら本望です。

あ、売れる売れないというよりも……と言ってしまいましたが、この小説はもう私一人のものではありません。担当者様、編集に携わってくださった多くの方の愛と努力の結晶でもあります。
それを思うと、じゃんじゃん売れてほしいですよー!

投稿サイトや出版社、そのほかこの界隈にいらっしゃるすべてのモノ・人が元気でないと、やはり廃れてしまいますからね😊

それでは、ここまでお付き合いくださいましてありがとうございました!
皆様が素敵な執筆ライフもしくは読書タイムを楽しめますように🙏✨



   

コメントを書く

タイトルとURLをコピーしました