最終話 この身を捧げる、あなたのために(後編)




 できものは、もうしばらくすると治癒したかのように消える。しかし、病魔は体内にひそみ宿主しゅくしゅを侵し続けます。次は、忘れたころ体中に鮮烈なあざがあらわれ、臓腑や神経、精神までもがむしばまれて死にいたる。医者の説明が、まるで僕の罪を責めて神をあがめる司祭の演説のように耳を通りすぎていく。


「病魔を払う方法はないのか?」
「ございません。どのような薬も祈祷も、この病魔には効かないのです」

「なにか手立てがあるはずだろう!」

「ないものはないのです。あとは、病魔から他を守るのみでございます。このお方をすぐに隔離して、決して近づかないでください。この病魔は、人から人へ乗り移っていきますので」


 ディフィシル様の荒立った声と冷静な医者の声。僕は、視線をふらふらとさまよわせて天井に描かれた絵画をぼんやりと眺めた。

 病は、その人のごうが引きよせる悪魔デモンの仕業……。心当たりがありすぎて、言い訳もできない。とうとう、この身に悪魔デモンを招いてしまった。あの夜、マルタンに抱かれながら、神がどんな罰を僕に与えるのかと考えた。これが、その答えなのか――。

 僕には、寿命ではない死が約束されている。
 衝撃ショックで頭がうまく働かないけれど、僕にとりいた悪魔デモンは人から人へ乗り移るらしいから、すぐにお勤めを辞さなきゃ……。ディフィシル様まで悪魔デモンにとりかれたら大変だもの。



 ――僕はもう、ディフィシル様のそばにはいられない。



 死よりも残酷な響き。生きながら真っ暗な地獄へ転落していくような心地だった。
 ディフィシル様から口止め料を上乗せした金貨を受け取った医者が、僕にあわれみの目を向けて部屋を出ていく。ドアが閉まると同時に、ディフィシル様がカウチソファに腰をおろして僕の顔をのぞきこんだ。


「フォン」
「……お許しください、ディフィシル様。僕の職をといて、どこか遠くにやってください」


 起き上がる気力もない。僕は、仰向けにのまま眼だけをディフィシル様に向けて震える声で言った。僕の行き先は、おそらく不治の病におかされた者が死を待つだけの収容院だろう。あの修道院よりも劣悪な場所で、もしかしたら体内に宿った悪魔デモンとともに死を待たず焼き殺されるのかもしれない。



 ――よかったんだ、これで。



 このまま王宮にいたって、僕は生涯、王妃に嫉妬し続ける。以前のように、純粋な気持ちでディフィシル様の背中を追えない。飢えた獣みたいに、ディフィシル様をもとめ渇きに悶えて罪を重ねていくだろうから。

 病魔が僕をディフィシル様から引き離し、死が僕のおろかな暴走を止めてくれるのなら、これ以上の幸運はないじゃないか。



「あなたは、なにも悪くない」



 穏やかで優しい旋律が、聴覚から全身にしみわたっていく。ディフィシル様の手がそっと僕の頬にふれた。



 あたたかいなぁ、ディフィシル様の手。



 ああ、僕はどうしてこんなにも罪深いのかな。罰を与えられても、やっぱりディフィシル様をあきらめられない。瞳が涙の膜でおおわれて視界がにじみ、つぅと目じりからしずくがこぼれ落ちた。

 本当は、どこにも行きたくないよ。呼吸が止まる瞬間まで、ディフィシル様から離れたくないんだ。でも、この世で唯一大切な人を道連れになんてしたくない。ねぇ、僕はどうしたらいいの?


「……いいえ。僕は神に背いてディフィシル様を愛し、王妃様に嫉妬して……、悪事に手を染めました。だから、神に裁かれたのです。医者のいうとおり、僕に近づかないで……。一刻も早く僕をどこかの収容院に入れてください」

「だめだよ、フォン。ずっと私のそばにいると、あなたは言っただろう。ほら、私が結婚すると告げたとき。忘れたのか?」

「そんな約束、今はもう……。ディフィシル様まで病魔にとらわれたら国の一大事です。ですから――」


 僕の必死な訴えを封じるように、ディフィシル様が親指の腹で僕の唇をおさえて柔らかな笑みを浮かべる。


「私は貴族たちの相手をしてくるから、あなたはここで待っているように。ほかの侍女には、クロディアは疲れて休んでいると伝えておく。いいね?」

「……は、はい」
「また夜に来る」


 僕のひたいにキスをして、ディフィシル様は部屋を出ていった。ディフィシル様の感触がのこる前髪を指先でさわって、唇を噛みしめる。

 僕は、心に沈殿した後悔と苦しさを吐きだすように声を殺して泣いた。ひとりきりなのをいいことに、泣いて、思いきり泣いて、泣きはらした目で窓から景色をながめる。夕日が、燃えるように真っ赤だった。

 日が沈むと、給仕の係りの女の子が夜の食事をもってきてくれたので、僕はそれを食べて寝支度をすませた。


 離宮での夜が、淡々と過ぎていく。
 暖炉に薪をたして部屋の明かりを消し、僕はカウチソファに横たわった。部屋は離宮の奥まったところにあって、人の声も物音もしない。パチパチと薪がはじかれる音と揺れる炎の暖色に、眠気が誘発されてまぶたが重たくなる。僕がまどろんでいると、ドアが開いてディフィシル様が部屋に入ってきた。

 ディフィシル様は、足首が隠れる丈のカシュクール・ワンピースみたいな白い寝間着に赤い更紗さらさのローブを羽織っただけの軽装で、給仕の侍女を数名つれていた。

 僕は起きあがって、ディフィシル様に礼をとる。その間に、給仕の侍女たちが暖炉の前にあるテーブルに皿やグラスを並べた。ふうわりと漂ってきたのは、ブランデーと焼き菓子の香りだっだ。

 ディフィシル様が、侍女たちをさげてドアを施錠する。僕は、暖炉から火をとって部屋の明かりをつけようした。しかし、ディフィシル様が「このままで」と言ってそれを制した。


「寝つきに、あなたとホット・ブランデーを飲もうと思ってね。もう春が近いというのに、今夜はやけに冷える。ここが山間いだからだろうか」


 コポコポと音をたてて、ホット・ブランデーがグラスにそそがれる。どうして、部屋に鍵をかけたんだろう。ふと、そんな疑問が頭をよぎった。


「飲め。体が温まる」
「あ、ありがとうございます」


 僕にグラスを手渡して、ディフィシル様が立ったままブランデーを一気に飲みほす。僕は、極上のホット・ブランデーを口にふくんだ。マルタンの部屋で飲んだものとは全然違う、芳醇な香りが鼻腔から抜けていく。

 もうひとくち、もうひとくち。僕は、ディフィシル様がそそいでくれたブランデーをじっくりと味わう。僕がブランデーを飲み終わると、ディフィシル様は脱いだローブを暖炉の前にあるイスの背もたれに掛けてカウチソファに寝転んだ。


「フォン、今夜はここで一緒に眠ろう」


 僕の左胸がドクンと大きく鼓動して、バクバクと強くて乱れたリズムを刻む。ほっぺたも熱い。これは、ブランデーを飲んだせいじゃない。

 嬉しさと恥ずかしさと、大好きな人に向けられる気持ちが一気にこみあげて、体中が歓喜しているんだ。だけど、僕の体の中にはおそろしい病魔がひそんでいる。


「いえ、僕は隣の部屋で」
「国王の命令にさからうのか?」


 ふふっと、おかしそうにディフィシル様が笑う。僕は少しの間もじもじと部屋着の端を指先で揉んで、戸惑いながらカウチソファに腰かけた。

 えっと……、背中を向けるのは失礼だし、かといって向かい合いのも恥ずかしいし……。ちょっと悩んで、仰向けになる。


「私の方を向いて」
「は……、い」

 僕は、ごそごそと体を半回転させた。
 カウチソファは、大人ふたりが並んで寝るには狭い。必然的にディフィシル様と密着する。それに、向かい合うディフィシル様と目線の高さが同じで、まつげの1本1本がよく見えるくらい顔が近い。


「愛してるよ、フォン」
「僕もディフィシル様を、あ……愛しています」


 きらきらとした青い瞳にみつめられて、思わず声がうわずる。ブランデーを飲んだばかりなのに、妙に緊張して喉がカラカラだった。


「本当に痛くないのか?」


 ディフィシル様が、そっと指を僕の下唇にのせてできものにさわる。こくりと小さくうなずくと、ディフィシル様は僕のうなじに手をまわして引きよせた。息がふれ合う距離に、僕の心臓がひときわ大きな爆音を響かせる。


「フォン。あなたのいない世界に、私を残していかないでくれ」
「僕だって、ずっとディフィシル様のそばにいたいです。だけど……」

「ブランデーに深く眠れる薬を混ぜた。許せよ、フォン。私は、あなたを失うのがなによりも怖いんだ」

「深く眠れる薬って。ディフィシル様、まさか」

「あなたが私のそばにいてくれるのなら、死もいとわない。この身を捧げる、あなたのために」

「どうして、そんな……っ!」

「あなたが修道院にいたころから、ずっと好きだったんだ。知っていたか?」


 え……。
 目を見開いた瞬間、僕の驚きの声は唇ごとディフィシル様の唇に奪われた。ディフィシル様の舌が口の中で暴れて、ふたりの舌と呼吸が唾液にまみれてからまる。



 待ってよ。僕が修道院にいたころからって、一体どういうこと?



 荒々しいキスをしながら、ディフィシル様が僕の部屋着をはぐように脱がせていく。むき出しになった胸の粒をつまびかれて、体がびくんとはねた。


「あ……ッ! いけない……、だめです。ディフィシル様まで神の怒りをかってしまいます」
「かまわない。もとから、私は神に背く者だから」


 少し息をはずませて、ディフィシル様が僕を組み敷く。そして、僕の下着を取りさって素っ裸に剥くと、ついばむようなキスをしてアダムのリンゴのどぼとけに吸いついた。


「僕は、ディフィシル様を道連れにしたくな……ひ、あッ!」


 乳首に歯を立てられて、小さな悲鳴をあげる。寝間着のポケットから取りだした小瓶のふたを開けて、ディフィシル様が中の液体で手をたっぷりとぬらす。そして、僕の後孔をほぐし始めた。もどかしく焦らしながら丹念にいじられて、僕の理性はあっけなく消し飛んでしまった。


「はっ、んん……ッ!」


 ぬちゅぬちゅと香油の卑猥な音を響かせて、ディフィシル様の指が中の一点を責めたてる。自分でさわるより、張り型をつっこむより数倍きもちいい。マルタンなんて論外だ。

 僕は、体を震わせて吐精しながらのぼりつめた。ディフィシル様が、イッたばかりの後孔に熱塊の先端をすりつけて体重をかける。


「愛してるよ、フォン」
「ああっ!」


 指や張り型とは比べ物にならない重量の雄茎が、僕の腸壁をじゅぶじゅぶと擦過する。ずっとずっと、ディフィシル様と愛し合いたかった。

 もっと深いところまで、僕の淫孔を荒らしてほしい。僕の願いを見透かしたかのように、ディフィシル様が激しく僕をゆさぶる。


「はっ、んん……ッ! いい、っんん……ぁああっ!」


 めまいを覚えるような絶頂。チカチカと視界が白む。中でディフィシル様の熱がはじける感覚は、この世で至上の幸福だった。

 意識がもどったとき、僕はディフィシル様の腕の中にいた。意識がもどったといっても、頭にかすみがかかって体は重たいしとても眠い。ディフィシル様が、まどろむ僕の赤髪レディシュをなでてひたいにキスを落とした。


「眠たいか?」
「……はい」
「私も眠たい」


 暖炉の方からバチバチと大きな音が聞こえる。天井や壁が焼け色に染まって、部屋が燃えているのだと気づく。火を消さなきゃって思うけど、体が動かない。

 そういえば、ディフィシル様が羽織っていたローブも炎みたいに真っ赤だったな……。


「フォン」


 大好きな声が、やさしく僕を呼ぶ。僕は、夢見心地でディフィシル様の頬にふれた。美しい、僕の太陽――。僕の人生に、こんなに幸せな眠りがあったなんて。



 ――愛しています、ディフィシル様。



 まだディフィシル様を見ていたいのに、強烈な眠気に視界がかすんでいく。


「愛してるよ、フォン」


 ごうごうとうなるような熱風が頬をかすめた。それっきり、僕の意識は深い眠りに落ちていった。



【あとがき】
初めての1人称、BLということで、難産でした😂
ですが、感想をいただいてとってもとっても励みになりました!感想を送ってくださった皆様、本当にありがとうございます!

   

コメントを書く

タイトルとURLをコピーしました