第一話 輝蓮




 よう濤允とういんの屋敷は、皇帝がお暮しになっている皇宮からほど近い都の一等地に、楼閣のような正門を構えて威風堂々と建っている。重厚な出で立ちをした殿舎が広大な敷地にいらかを連ねる様は、面積こそ到底敵わないが皇宮さながらの明媚な光景だ。

 都人は、楊邸を湖光離宮ここうりきゅうと呼ぶ。
 楊邸の琉璃瓦は、晴天の日にあっては陽光を反射してしぶきの白に輝き、雨の日にあっては濡れて波紋の黒にきらめいた。その様が湖面のように見えるので、そのような異名がついたのだ。しかし、臣の私邸にすぎない濤允の屋敷が、恐れ多くも皇家の別宮と称されるのには別の理由があった。

 屋敷の主である楊濤允は、現皇帝ちょう高僥こうぎょうの弟なのだ。それも同腹の、である。その証拠に、湖光離宮の瓦には皇家の象徴である五本指の龍が型押しされている。ただ、皇帝の色である黄を使うことは禁じられて、湖光離宮は皇宮の影のように暗く落ち着いた色をしていた。

 その湖光離宮の一角に、ひときわ華美な殿舎が完成したのはつい数か月前。濤允と宰相さいしょうの娘の婚礼の日取りが決められてから約一年後のことだった。

 殿舎の主人になるのは、蓮珠れんじゅという佳人だ。その髪色と同じ夜闇より深い漆黒の琉璃瓦に、肌色と同じ白塗りの壁。本殿や回廊のはすが彫刻された朱の円柱は蓮珠のなまめかしい唇を連想させ、庭の柳は蓮珠の吐息のように風にたゆたう。皇宮でもあるまいに、濤允は殿舎に輝蓮宮きれんきゅうと名づけて今日の日を迎えたのだった。

「人を……、人を呼びます」
「どうぞ、お好きに。しかし、世に許された夫婦の初夜を邪魔する不届き者が、この宮にいるでしょうか」

 濤允が端正な顔に薄く笑みを浮かべながら、じりじりと蓮珠を寝台の方へ追いつめる。
 刻は三更さんこう。南の高い位置にのぼった月が、煌々と地を照らす真夜中である。濤允は初夜と言うが、床入りの時刻はとっくに過ぎた。

 今夜はもう、訪れはないのだろう。蓮珠は、そう心の中でほっと安堵してすっかり油断していた。だから、側仕えの侍女たちを早々にさげて、一人のんきに回廊から月などを眺めていたのだ。しかし、そろそろ寝ようと寝所へ入った時、濤允が颯爽と現れた。


「嫌です。それ以上、わたくしに近づかないでください」


 容貌にふさわしい迦陵頻伽かりょうびんがな声が、わずかに震えて、しかし|したたかに凛として濤允を拒絶する。蓮珠の言葉には、これは意に染まぬ結婚だという強くはっきりとした抗議が含まれているのだろう。

 距離を保とうと後ずさる蓮珠に、距離をつめようと濤允が一歩また一歩にじり寄る。吉方の窓際に吊るされた薬玉くすだまとばり、部屋を照らすろうそくに寝台に敷かれた寝具まで、輝蓮宮の寝所は蓮珠の心情を無視して慶事の赤一色に染まっていた。


「下賤な真似はおよしになって」


 とうとう逃げ場がなくなって、蓮珠は寝台にすとんと尻もちをついてしまった。拍子に、二輪に結われた髪にさされたはす歩揺ほようが、しゃらりと澄んだ音を鳴らした。


「下賤とはひどい言いようですね。さえずりのような美しい声で、堂々と俺の悪口を?」
「来ないで」

「来るなと言われても、俺はあなたの夫です。もしや、その肌に触れてよいのは陛下だけですか?」
「なんて無礼な御方なのでしょう。夜更けに突然お越しになって、そのような」

「下賤とは言い過ぎですが……。まぁ確かに、あなたのおっしゃるとおりだ」
「……なにが」

「ただの人ですよ、俺は」


 濤允が、くすっと笑って天井から垂れた紗の帳を右手で払いのける。花が恥じらい、月さえも臆して隠れてしまいそうなほど美しい蓮珠の顔に、濤允への嫌悪の相がくっきりと浮かんだ。

 ただの人とは、図々しいにも程がある。咎人とがびとのくせに――。
 寝台に座ったまま、蓮珠は濤允を見あげて鋭い視線を向ける。この身は、皇帝の宮で至高の地位に就くためにある。そういう家門に生まれて、物心ついた時からそう教えられてきたのに、一年と少し前、父上は突然わたくしを陛下の弟に嫁がせると決めた。

 楊濤允という御方の悪評を知らぬ者はいない。
 整った顔立ちをして物腰は柔らかいけれど、色を好み、後宮の妃嬪まで手籠めにして皇宮を追い出された放蕩皇子だ。

 他にも、素行の悪さについては枚挙にいとまがない。流罪などに処されず皇籍を剥奪されただけで済んだのは、陛下の実弟への温情あったればこそだと聞く。皇家の恥でしかない、ならず者。楊濤允とはそういう人物だ。

 なにの因果で、陛下ではなくこのような人と縁を結ばなければならないのかしら。わたくしの人生は、賢帝と並び立つ皇后となるためにあるのに。


「慶事の色が、よくお似合いですね」


 そうにこやかに言われて、蓮珠は自分が着ている衣装を見た。さんも胸元まである襦裙じゅくんも、見事な婚礼の赤染めだ。嫁ぎ先が皇宮であったなら、それもしかりであろう。しかし、相手を見るに絶望の色か喪の色にしか見えない。楊濤允も同じ色の深衣を着ているのが、余計にみじめで滑稽に思えた。

 濤允が、踏み台に上がる。そして、柳眉を寄せる蓮珠を見下ろして背高い身をかがめた。押し倒されると覚悟した蓮珠が、きつく目を閉じる。刹那、衣が擦れるささやかな音がしてふわっと甘い香りが漂った。


 嫌。


 蓮珠の脳裏で短いその言葉がとどろいて、時の流れが沈黙によってぴたりと停止する。いつまでたっても押し倒されることはなく、触られる感覚もない。おそるおそる目を開けて、蓮珠は驚きに双眸を丸くした。あろうことか、濤允が足元にひざまずいていたのだ。


「なっ……、なにをなさっておいでなのです?」
「皇后となるはずたっだあなたに、礼をつくしているのですよ。俺では、あなたにその地位をさしあげることができないので」


 まるで天子に敬礼するかのような濤允の行動に、唖然として蓮珠は言葉を失う。この人には、男としての矜持も皇子としての誇りもない。

 重量を増した絶望が口惜しさと混ざり合って、真っ黒なおりとなって心に沈んでいく。同時に、蓮珠の黒い瞳が夜露のような雫に濡れて、目尻からつつと涙が頬へ伝った。

 もう皇宮での栄光に満ちた暮らしは望めない。舞いも楽器も、学問だって父上のいいつけどおり努力してきたのに、わたくしのなにがいけなかったの?


「蓮珠」


 妻を呼ぶ男の低い声が、夜鳥の鳴き声のように蓮珠の鼓膜をゆする。
 濤允が、蓮珠の左の足首をつかんで錦鞋きんがいを脱がせた。初めて触れる異性の手だった。侍女たちのほっそりとしたか弱い手とは違う、ごつごつとした硬い手だ。

 陶器のような白肌の足を両手で包んで、濤允がその甲にくちづける。驚いておびえた蓮珠が足を引っ込めようとするが、濤允はそれを意に介さず二度三度と蓮珠の左足にくちづけを落とした。


「汚らわ……、しい」


 震えた朱唇からついて出たのは、下々をさげすむ時と同じ辛辣な言葉だった。蓮珠が教わった男女の交わりというのは、それぞれの体の違いや機能についてよりも作法を重んじた内容である。もちろんそれは、後宮で皇帝の閨にはべるための作法である。皇帝がひざまずいて女性の足を愛でるなんて出てこなかったし、足にくちづけるなんてとんでもない話だ。

 蓮珠、と濤允の唇が足の肌を上へ滑る。足首をちゅっと吸いながら、濤允が裙の裾をめくり上げた。頭頂で丸められた濤允の黒髪と、それを留めている黄色がかった象牙のかんざしにふわりと裙の裾がかぶさる。濤允はそのまま裙の中にもぐって、蓮珠の柔らかな脹脛ふくらはぎにくちづけ、その肌をぺろりと舐めた。


「い、嫌……っ!」


 生温くて湿ったものが肌を這う感触に、蓮珠の目から涙がほろほろと落ちる。拒むように足を閉じようとすると、脹脛を甘噛みされて右足の内腿うちももを手でなでられた。


「……ひっ」


 恐怖の悲鳴が蓮珠の口からもれる。もぞもぞと裙がうごめいて、濤允の吐息が左足のひざをかすめた。裙の中が異様に暑い。ちゅ、ちゅと肌を吸われる音が響いて、おぞましさに耳をふさぎたくなった。しかし、寝台についた両手を離してしまうと、そのまま上体が仰向けに倒れそうになるからそれはできない。

 蓮珠のそんな困惑を愉しむかのように、濤允が赤い裙の中で蓮珠の脹脛や太腿ふとももを手と口で堪能する。まるで、生きながら食われる獲物のような気分だった。

 裙のふくらみが、体の中心に向けて移動していく。下穿きの脇を舐められて、蓮珠はたまらず体をびくんと震わせた。すると、左右の太腿の裏を持ちあげられて、蓮珠の上体はいとも簡単に寝具の上に倒れてしまった。

 寝所は、煌々とろうろくの明かりに照らされている。涙でうるむ目に飛び込んできたのは、寝台の天井に施された見事な組細工だった。浄土を舞う迦陵頻伽という首から下が鳥の姿をした美しい天女と、池に浮かぶ無数の蓮が、細い木の桟を組み込んで描かれている。

 蓮珠が初めて楊濤允と顔を合わせたのは、数年前。皇宮で催された、太皇太后の古希を祝う宴の場だった。陛下は、金を刷いた荘厳な衣装をまとって太皇太后と上座に並んでおられた。そして、楊濤允は、対照的な地味な色合いの深衣と着丈の長い表着に身を包んで、ならず者にお似合いの末席に慎ましく座っていた。


「……あっ」


 自分でも驚くほど素っ頓狂な声が出てしまった。下穿きの上から、秘苑を舐められたのだ。大きく開いた脚の間で、濤允が裙を揺らしながら執拗にそこをぴちゃぴちゃとねぶる。絹の薄布は、あっという間に濤允の唾液に濡れて蓮珠の女陰に張りついた。

 時折湿った息をかけながら、割れ目から少し飛び出た粒を尖った舌先でつついて、ちろちろと舌を動かしながら濤允がそれを器用に口に含む。そうされる度に腹の奥が疼いて、蓮珠は逆手で寝具にしがみつきながら背中をしならせた。


「い、や……、ああっ!」


 今度は、下穿きをずらして直に秘帯をまさぐられる。舌の先が花弁を割って、口が汁をすするような音を立てながら秘処を吸い、さらには後孔まで舐め回された。


「……よして、おねが、い」


 息の上がった蓮珠の声に抵抗の効力はなく、裙にひそむ魔の欲情をあおる一方だ。濤允は、下穿きの紐をといて剥ぐように取り払うと、蓮珠の股間に顔をうずめてそこに食らいついた。ささやかな陰毛が隠すその場所は、温かくとてもよい香りがする。

 まだ固いうろをほぐすように舌先を挿れて、親指の腹で陰核を押し潰すように優しくこね回す。そこからじわりと湧いてしたたる汁は、喉の渇きをうるおす水蜜桃のように甘い。


「んっ、んっ……」


 蓮珠は、右手の甲で自分の口をふさぐ。精一杯声を押し殺すが、我慢ができない。嫌でたまらないのに、神経が快楽を拾ってくる。裙の中で、あの人がどのような顔をして蛮行に及んでいるのか。考えるとぞっとし、同時に、あられもない所を見られている羞恥に身悶えてしまう。
 敏感になった尖りに濤允が吸いつく。そして、舌とは違うものが体の中に侵入してきた。


「は……っ、あ……、んんっ」


 こりこりといきり勃った突起を舌先でつつかれ、強く吸われてゆるく噛まれる。そうしながら、指とおぼしきものが膣壁を擦って孔を押し広げた。初めての感覚が一気に押し寄せて、蓮珠の体を支配する。

 体が熱い。触られているところから、体の隅々におかしな血が巡っていく。中をかき混ぜられて、ぐちゅぐちゅといやらしい水音がした。体が、びくんと大きく震える。


「あっ、あっ……、ああ――っ!」


 突然、視界がはじけて頭の中が真っ白になった。はぁはぁはぁ。遠くから聞こえてくるのは、自分の呼吸だろうか。体に力が入らない。蓮珠がうつろな目を上に向けると、そこには濤允の顔があった。


「本当は、根気強く待とうと思っていました。しかし、月を眺めるあなたが、あまりにも美しいので我慢ならなかった。お許しを、蓮珠」


 秀麗な顔に穏やかな笑みを浮かべて、濤允が蓮珠の頬をなでる。見る限り、彼の深衣の衿はきれいに閉じていて乱れている様子はない。自分の衣だって、上半身にゆるみはない。しかし、裙の裾はへそが見えるほどまくりあげられて、散々いじくられたところには熱くて硬いものがあてがわれている。これから濤允がなにをするのか、未経験の蓮珠にも理解できた。


 ――なにを許せというの? わたくしはここから逃げ出すこともできないのに。


 頬から、濤允の手が離れる。蓮珠が黒瑪瑙のような目を見開くと、濤允の舌と手でしとどにふやけた秘裂に熱塊が突き立てられた。


「ああっ!」


 鮮烈な痛みに、意識を覆っていたもやが一気に晴れる。|隘路《あいろ》を無理やり広げ、えぐるように貫かれて、蓮珠は白い喉をのけ反らせた。両の手に、濤允の手が重なって指が絡む。蓮珠が無意識にその手を握ると、濤允が体重をかけて挿入を深くした。痛みを逃そうと、蓮珠が息を詰める。


「ふ……、っ」
「蓮珠、息を止めないで」


 耳の近くで、切なげな男の声と歩揺の金属音がする。ああ、この世の終わり。そのような言葉が、なんとなく蓮珠の頭に浮かんだ。


   
タイトルとURLをコピーしました