サイトメニュー

第01話 百夜待伏せ(1)





 ❖◇❖



 八条宮はちじょうのみや様がお生まれになった夜は、望月もちづきに近し赤色の月がのぼって、天が不思議なけ色に染まったそうだ。

 それから、黄金の鳥が御所の上空を舞っていたとか、よく晴れていたのに一筋の巨大な稲妻が夜空を切り裂くように走ったとか、ほかにもこの夜に起きた不思議な話がいくつも残っている。

 天変地異の前触れだと恐れる占術者もあれば、御代が栄える吉兆だと喜ぶ学者もあったのだとか。

 もう二十年も前の出来事で、真相は定かではない。わたしはまだ生まれてもいなかったから、全て大納言として先帝の御代より主上に近侍している父上から伝え聞いたお話だ。



 ❖◇❖



 目立たないように身をやつした網代車が一台、夜の闇にまぎれて左京の小路を往く。年のころ十七、八の女人二人を乗せたその牛車は、小路をしばらく進んだ所で「ききいっ」と木組みの真っ黒な大車輪をきしませて停まった。前御簾の脇から、女房の小梅がおそるおそる外の様子を覗く。


「ひ、姫様。今宵は静か過ぎて、なんだかやけに不気味ではありませんか? もう、おやしきに戻りましょうよ」


 小梅の肩がすくみ、声が震えるのも無理はない。
 遷都から五代の御代を数えた都は、太陽のもとでこそ日の御子たる帝が居を据える都市の華やかなにぎわいを見せる。しかし一転、夜にあっては強盗や物の怪が徘徊する物騒な所だ。

 それに加えて今宵は月明かりも薄く風も音もなくて、その静けさに背筋がぞわぞわとする。ここが都の要である御所から離れた八条だから、余計にひなびて静かなのだろう。

 明かり一つない夏夜の小路には、人の往来はもちろん猫の子一匹いない。邸宅の白壁だけが、死装束を着た幽霊のように無言で暗闇の中に立っている。


「怖いのなら、小梅はここで太助と待っているといいわ」
「まさか姫様、お一人で行かれるつもりなのですか?」
「ええ、今夜で八十六夜目だもの。ここで諦めるわけにはいかないでしょう?」


 夜闇の不気味さをもろともせず、沙那さなは慣れた手つきで御簾をあげた。そして、牛引きの太助が前板にそろえてくれた草履をはく。


「お待ちください、姫様!」


 小梅が、身を乗りだすように慌てて制止する。沙那はそれをかわすと、軽やかな身のこなしでしじを踏んで地面におりた。見上げた空に、弓張月が浮いている。


「欠けていても、お月様はいつもきれいねぇ」


 黒い雲の影がゆっくりと月の前を横切っていく。その優雅な光景に、沙那は父である大納言から聞いた、八条宮にまつわる話を一つ思い出す。

 それは、今は譲位なされた先帝の御代のこと。
 五十日いかいわいで初めて赤子の八条宮と対面した先帝が、その美々しさに人目をもはばからず感嘆なされたというものだ。

 見たこともない特異な、まるで月の光を紡いだような白銀色の頭髪。そして、満月のごとき琥珀色の硝子玉をはめ込んだような瞳。

 万物に神が宿る国を統べる日の御子であり、神仏への信仰の厚い先帝は、御胸に抱いた皇子の容姿をまじまじとご覧になった。そして、誕生の夜に起きた様々な瑞兆を思い起こされた。


「見よ、この神々しき相を。皇子は、月読尊ツクヨミノミコトの権現ではあるまいか」


 目に涙さえたたえて、藤壺ふじつぼの女御にょうご様におっしゃったのだそう。そして、壮麗な皇子に月宮つきのみやという呼称を授けたと――。

 三年先にお生まれになっていた日宮ひのみや様と月宮様。二人の皇子様は、まるで内裏を照らす一対の光のように仲良くお育ちになった。



 ――なんて心あたたまるお話なのかしら。



 沙那は、照れたように袿の袖で顔を覆い隠す。お月様を見ると、つい宮様のお顔が浮かんで恥ずかしくなっちゃう。


「ふ……っ、ふふっ」


 閑静な闇に、ちょっぴり薄気味悪い沙那の笑い声が溶ける。
 八条宮様といえば、大納言邸の女房たちまでもが声を弾ませて噂する超有名人だから、ずっと以前から評判は耳にしていた。だから、一度でいいからお姿を拝してみたいと思っていたの。そしたら、その機会はあっさりと巡ってきた。

 それは御裳着を済ませた翌年、帝主催の歌詠みの宴に参列を許されて父上と宮中にあがった日のこと。御所の左近の桜が満開で、とても穏やかな盛春の日和だったのを覚えている。

 女官に案内された御所の一角にある局で、わたしは他家の姫君たちとおしゃべりをしながら貝合わせなど楽しんでいた。そのとき、御簾で隔てられた廊下を一人の公達が通りかかって、皆が一斉に悲鳴のような黄色い声をあげた。

 それまで可憐な花みたいに上品に座っていた姫君たちが、我先にと廊下の方へ集まったものだから、押し合いへし合いの大騒動だった。中には、勢いあまって廊下に飛び出してしまいそうな姫君までいる始末。

 皆の視線と歓声がその公達に向けられているのは明白で、これは只事じゃないと思ったわたしは、近くにいた衛門督えもんのかみの娘(当時十六歳、同い年)に「どなた?」と密かに尋ねた。


「まぁ、沙那様。ご存じありませんの? 八条宮様よ」


 あきれたように答える彼女も、目は廊下のほうに釘づけだ。



 なんと、あの方が噂の八条宮様……!



 廊下と局は御簾で仕切られているから、宮様のお姿を直に見たわけではない。しかし、ゆっくりとした足取りで御簾の向こうを通り過ぎていく宮様の透き影は、噂から想像していた以上に美しかった。


 例えるなら、雲間に見ゆる朧月とでもいうのかしら。


 すらりとした長身に、えいを垂れた黒い冠からこぼれる白銀の髪。漆黒の束帯に肌の白さが際立っていて。お顔立ちまではっきりとはうかがえなくても、落ち着いた雰囲気と気品に加えて、かぐわしい花の香りまで漂ってきそうだった。

 本当にお美しくて、このときを境に宮様以外のものに美しいという感動が起きなくなってしまった。四季折々の草花も景色も、月でさえも宮様には敵わない。

 わたしの左胸が、今までに感じたことのないくらい強くて速い鼓動を刻んで……。一瞬で「一度でいいからお姿を拝してみたい」なんて謙虚な思いは露と消え失せ、乙女心に火がついた。そう、わたしは初めて恋をしたの。



 ――あの方の恋人に……。いいえ、妻になりたい。



 しかし、宮様は恋多き御方で、その手の噂が絶えない。しかも、耳にするお相手は評判の美姫ばかり。わたしでは宮様の眼中にも入らないだろうし、相当な競争倍率だと思う。


 だけれど!


 だからこそ!


 わたしは燃えあがる情熱を宮様にそそぐと決めた。一度しかない人生だもの。燃えつきるとしても、絶対に宮様の腕の中がいい!


シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

CAPTCHA


コメント一覧 (2件)

  • 沙那の火傷の所を読んで最初のところから読みたくなり初めから読み返します☺️
    読むのゆっくりだけどすかいさんがたくさん更新していただけているので先まで続けて読めるの嬉しい🥰(急げっ早くって言ってるんじゃないですよ…)
    素敵なこのお話がゆっくりと紡がれていくのを楽しみにしています。

    • ひらりさん

      初めから読み返してくださるなんて!
      本当に本当に嬉しいです(*ノωノ)❤
      無理をせず、ゆっくりゆっくり読んでくださいね(^^)
      もし、文字の大きさとか色が見にくいとか目が疲れるとかあれば、TwitterのDMとかでもOKなのでおっしゃってくださいませ✨
      少しでも目に優しいサイトになるように、いろいろと工夫しますので👍

      おそらく、あと数話で完結するはず……。うん。
      カメの歩み🐢で更新していきますので、ひらりさんも一緒にのそりのそりのんび~り楽しんでくださると嬉しいです🥰💕
      いつもありがとうございます!
      ひらりさんがいてくださって、書くの楽しいしとても心強いです💪✨